手湿疹におすすめのシャンプー

手湿疹はシャンプーで悪化することがあります

手湿疹でお困りの場合、毎日使うシャンプーを見直す必要があります。
中には、ポリ手袋などをしてシャンプーをしている方もいらっしゃるようですが、
しっかりゆすいでいても、髪には手湿疹を悪化させる原因物質が残っているのです。

 

皮膚が丈夫な方の場合は、特に問題はないのですが、
手湿疹になっている場合、皮膚のバリア機能が落ちているので、
原因物質が簡単に皮膚に入り込んでしまいます。

 

皮膚に優しいイメージの植物性のシャンプーでも、手湿疹を悪化させる場合があります。
私の場合は、石けんシャンプーに替えたら、かなり手湿疹が改善したのですが、
同じように手湿疹で困っている友達に石けんシャンプーを勧めましたが、逆に悪化してしまいました。

 

手湿疹は、接触性皮膚炎の一つです。
接触性皮膚炎は、ある特定の物質が皮膚に触れると引き起こされる皮膚炎で、
その原因となる物質は、その人の体質によって違ってくるのです。

 

ですから「このシャンプーだと確実に手湿疹が起こらない」ってことはありません。
Aさんが「このシャンプーだと手湿疹が起こらない」といっても
Bさんだと「このシャンプーでも手湿疹が起こる」ってこともあるのです。

 

ですから、手湿疹でシャンプーを変える場合は、まずはテストが必要です。
最初は小さめのボトルで購入してみて、使ってみる。
一気に悪化するものは、自分には合わないと判断して、もったいないですが家族や友人に使ってもらいましょう。

 

一週間程度使ってみて、特に悪化しなければ、とりあえず使い切ってみましょう。
使い切るくらいになって、改善してきたら、そのシャンプーは、あなたの手湿疹に効果ありです。
(効果があるというか、手湿疹を引き起こさないシャンプーですね)

 

ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸カリウム
などが比較的、手湿疹の原因となりやすいですので、
シャンプーを購入する際に参考にしてください!

 

手湿疹でお困りなら⇒手湿疹