手湿疹におすすめのシャンプー

手湿疹の人はシャンプーに入っているこんな成分を気をつけましょう

スーパーやドラッグストアに行くと、さまざまなシャンプーを見かけますよね。
毎日見るテレビのCMでも、毎日のようにシャンプーを見ます。

 

どれを見ても「すっきり洗いあがる」とか「フケやかゆみに」なんてフレーズがとび出していますが、手湿疹の方は、洗い上がりに対するキャッチコピーよりも入っている成分のチェックをしましょう。

 

シャンプーの後ろに貼ってあるラベルを見てください。
「ラウリル硫酸Na」、「ラウレス硫酸Na」といった成分が先頭の方に表示されていたら、それは手湿疹の方にはオススメできないシャンプーです。
この成分、原料の値段が安くて、泡立ちもいいことから、さまざまなシャンプーに使われているのですが、皮脂まで奪ってしまい、皮膚のたんぱく質まで変形させてしまうのです。
手湿疹の方は、大抵もともと皮脂が少なめの方がなりやすい皮膚病です。
ただでさえも少ない皮脂が、シャンプーによって取れてしまったら、ますますガサガサになってしまいますよね。

 

手湿疹の方にオススメのシャンプーは、洗浄成分として「ココイルグルタミン酸TEA」、「ココイルグルタミン酸カリウム」、「ココイルアラニンTEA」、「ココイルグルタミン酸Na」などが使われているたアミノ酸系の界面活性剤です。

 

私自身も石けんシャンプーで改善してから、数年後に使って、手湿疹が再発しなかったのがアミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーでした。
ぜひ試してみてくださいね。