手湿疹におすすめのシャンプー

手湿疹の原因はシャンプーだけではありません

手湿疹の原因として、シャンプーを見直す方が多いでしょう。
でも、シャンプーの後につかうリンスやトリートメントでも手湿疹を悪化させる可能性があるんです。

 

界面活性剤が皮膚に浸透して手湿疹を悪化させることは、よく知られています。
界面活性剤といえば洗浄成分と思いがちですが、リンスやトリートメントにも入っているんですよ。

 

シャンプーに入っている界面活性剤は、汚れの油と水を仲良くさせるため。
リンスに入っている界面活性剤は、髪にリンスの油分を吸着させるために入っています。
髪だけに吸着させたらいいものですが、頭皮につくと毛穴をふさいでしまうので
「リンスやトリートメントは頭皮には塗らない」
という決まりがあります。

 

その界面活性剤ですが、やはり皮膚に浸透して悪影響を引き起こす原因になります。
接触性皮膚炎の原因物質かもしれないんですよ。
やはり石油系界面活性剤を使っているものは避けた方が無難だと思います。
石油系界面活性剤不使用リンスでネットで調べてみると、さまざまな商品がヒットすると思いますので、
口コミを読んだりして参考にしてみてください。